傾斜補正式3軸フラックスゲート磁力計
(DMI-FGE-91-C)

カタログダウンロード



【概 要】
FGE-91傾斜補正式3軸フラックスゲート磁力計は、地磁気の三軸成分を測定し、それぞれをアナログ信号で出力する観測装置です。 そして、その設置場所の基礎が不安定な場合や、長期間の連続測定などのために、本装置は、特に 基準ベースラインの安定度が、重要な要素となる観測に用いられるよう、設計製作されております。また、特に温度変化による影響、三軸の直交性などのパラメーターが少なく、測定性能は一段と向上され、安定した観測装置であります。 本装置の測定安定度は通常、年間で2〜3nTと、大変優れており、定点/移動観測に信頼性の高いデータが、連続して得られます。 また、基準ベースラインの安定性を高めるためのサスペンション方式(傾斜補正式)のほか、固定式の検出部も用意されています。従って固定式、または傾斜補正式の2種類の検出器は、観測の行われる場所、設置条件などに従ってお選び頂く事により、最適な観測を行うことができます。


TEL(042)-661-7981 (八王子工場)
営業部まで
お気軽にお問合せ下さい。

[TOP]